ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガの違い

皆さんのなかにも、ピラティスやヨガについて耳にされた事がある方は多いと思います。

 

 
どちらも呼吸やポーズを意識しながらおこなうエクササイズで、
健康維持やダイエットに効果的な事は、なんとなく聞かれた事があるかもしれません。

 

しかし、ピラティスとヨガの違いをご存知ない方も多いので、
両者の共通点や違いをご紹介します。

 

ピラティスとヨガの共通点は、身体と精神を同時に整えるという点です。
両方とも、深い呼吸をおこないながら心を落ちつかせ、
自分自身の精神や身体と対話しながら心身を健全な状態に整えて鍛えていきます。

 

しかし、それぞれが発祥した目的やおこなう際に意識するポイントに違いがあります。

 

ピラティスは、ドイツ人ジョセフ・H・ピラティス氏が
第一次大戦で負傷した兵士のリハビリの為に開発したリハビリ運動です。
筋肉トレーニングなどの回数や量をこなす運動と違い、
深層にあるインナーマッスルを自分自身で意識をしながら鍛えていきます。
ケガの防止やリハビリにも効果的です。
さらに、プロポーションや姿勢の維持、改善にもつながります。
ピラティスは、正しい骨格を自身で意識しながら、体幹の筋肉を整え鍛えていきます。

 

元来ヨガは、インドで修行法の1つとして発祥しました。
姿勢や呼吸法を意識して精神統一や瞑想をおこなう事を目的としています。
その為、エクササイズ目的だけではなく、
リラクゼーション効果を高める為の動きなども多く用いられています。
ヨガは、呼吸とストレッチに重点をおき筋肉を強化していきます。